生贄投票 ネタバレ 【社会的死という制裁の怖さ】

こんにちは。

 

2児の母のミカです。

 

今回は、生贄投票という漫画を紹介します。

 

生贄投票とは作品の中で登場するアプリの名前が、そのままタイトルとして使われています。
このアプリは、ある高校の1クラスの生徒全員のスマホに突如として強制ダウンロードされ、

 

1人1票を自分以外の誰かに投票しなければならず、

 

生贄になった生徒は社会的死を与えられるというものです。

今まではクラスの中心だった美人な女子生徒や

 

リーダーとして頼られていた生徒、

 

クラス公認のカップルなど、

 

クラスでは言わば成功者であった生徒たちが次々生贄として社会的死を与えられていきます。

このアプリの設定は面白く、

 

高校のクラスという一種の閉鎖された空間で渦巻く人間関係の闇をよく表現していると思います。
しかし、社会的死としてネット上に曝露される内容が特殊な性癖に偏り過ぎている気はします。
本当に死がもたらされるのではなく

 

(結果的に死んでしまった場合もありましたが)、

 

社会的死を制裁の方法として選んでいる以上、仕方のないことなのかもしれませんがリアリティには欠ける気がして、わたしは引いてしまいました。
逆に、死という明確な答えではなく社会的死では、

 

その人によって何が曝露されるのかわからないという興味をそそられる部分はあります。
こんなことを裏でしている人間なんだから、

 

選ばれて当然という思いを沸き起こさせるのも、

 

この制裁方法だからとも言えるので、よく考えられていると思います。

 

内容が気になる方は読んでみてください。

 

まんが王国なら、無料で試し読みもできます。

 

まんが王国⇒

 

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です