報復刑 ネタバレ 4話【報復を恐れる恐怖!恐怖・安心…からの絶望】

こんにちは。

 

2児の母のミカです。

 

今回は、死刑制度の代わりに合法的に「報復」が可能になった世界を描いた

「報復刑」というマンガを紹介します。

⇒「報復刑」を無料で試し読み

 

サイト内で「報復刑」で検索すると出てきます。

今回、焦点を当てられるのは殺人を犯した真治です。

 

彼は、刑務所内で

報復によって殺される恐怖に怯えていました

 

真治は元野球少年でしたが、

野球をやめて不良となり、

やがて高校も退学することに。

 

ある夜、不良仲間が河原でカツアゲをしているところに真治もやってきます。

 

2人の仲間が少年を刺し、最後には真治もナイフを手にします。

 

毎晩、犯してしまった罪を公開する日々を送っていました。

 

それに追い打ちをかけたのが、報復刑により殺される恐怖です。

 

死にたくない…

震えながら、真治は遺族に謝罪の手紙を書くことにしました。

 

1度ではなく、何枚も何枚も出紙を書きます。

 

それから3年の月日が流れました。

 

共犯者2人はもう報復刑が執行されたのに、

真治はまだです。

 

そして、遺族から真治へ手紙が届きました

「これからも自分の犯した罪と向き合いながら生きてください」

という手紙を読んだ真治の目に涙が溢れます。

 

その日真治は、事件後初めてぐっすり眠ることが出来ました。

 

しかし、看守から驚きの言葉が!

 

「報復刑の執行だ」

 

その言葉を真治は信じることができません。

 

安心した直後、絶望することに。

 

あの手紙はなんだったのか?

 

真治は本当に報復刑を執行されるのか?

 

殺人犯からすれば報復刑とは、

もしかしたら死刑よりも恐ろしいモノかもしれません。

 

内容が気になる方は読んでみてください。

 

まんが王国なら、無料で試し読みができます。

 

⇒「報復刑」を無料で試し読み

 

サイト内で「報復刑」で検索すると出てきます。

 

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です