食糧人類 無料 ネタバレ【謎の施設と無数の死体】

こんにちは。

 

2児の母のミカです。

 

今回は、食糧人類という漫画を紹介します。

 

友人のカズとともに乗っていたバスで催眠ガスを浴びせられます。

 

そのまま謎の施設に連れていかれた伊江はそこで信じられない光景を目にします。

人間が家畜のように太らされて、

 

冷凍されベルトコンベアーに乗せられ切断されている地獄のような場所です。

 

そこで、唯一正気を保っている山引とナツネに出会います。

 

そこに現れたのは謎の巨大生物です。

 

昆虫のような見た目ですが人間を食料としているようです。

 

肥え太った人間を躊躇なく殺し、食べてしまいます。

 

そして驚きなのはなんとその謎の生物を管理しているのも人間だということでした。
伊江達はどうにか作業員をだましてその場から逃れます。

 

施設脱出を試みますがその行く先々でまた衝撃の事実が待ち受けていました。
人間を増やすためだけに活かされている男女は謎の薬品をうたれ生殖することしか考えられなくなったのです。

 

中には18歳で20人子供を産んだ女性もいました。

 

さらに先に進むと今度は先ほどの謎の生物を繁殖しているさなぎを管理している部屋もあり、

 

そこでもやはり人間の手が行き届いているのがわかります。
人間を食料にしている謎の生物を人間は憎むべきなのに、

 

目撃者の証言から内閣総理大臣までもその生物の言いなりだということがわかります。

 

この施設は一体何を目的として建てられ、誰が管理をしているのか。

 

内容が気になる方は読んでみてください。

 

「食糧人類」を無料で試し読み!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です